日々是好日

日々是好日

二足目のわらじをはくために。社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

日々是好日

社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

人の役に立つ記事を書くための3つの鉄則

このblogを始めるにあたって

「自分が学んだことを日々アウトプットすれば、そこそこに稼げるようになるんでしょ?諦めずに続ければ収入を得ることはできるってよく見かけるし」と、かなり軽い気持ちで臨んでいました。

 

 

そんな時、自分の記事を見てもらう機会があり、一番最初に指摘された内容がこちら。

まずはブログの書き方のいろはも学びましょう。

それができずにただ量産してもゴミが増えていくだけなのです。 

この指摘を受けたとき、心が折れかけたのですが(苦笑)

 

 

とにかくあきらめたくない理由があるために、「どんな記事なら読まれるのか」「人の役に立つ記事ってなんなのか」ってことを初めて真剣に考えました。 

 

 

この記事では、その時に得られた気づき、

「人の役に立つ記事を書くための3つの鉄則」について展開します。

 

 

 

その1:誰に向けて書いているのかを意識すること(ペルソナの設定)

記事の書き方を調べていて、よく見かける「ペルソナの設定」というやつです。もし、あなたがすでに知っているのであれば、分かったつもりにならないで、実践しましょう。

 

 

それは「ペルソナの設定」を一番最初に明確にしておくと、文章の書き方も変わってくるからです。絶対にやった方がいいです。違いを実感することができます。

 

 

ちなみに、参考にさせていただいたのは、ヌイさんという方が実践されているブログの構成方法です。

 

 

このサイトにはペルソナの設定以外にも、記事の構成方法や文章を見やすくするためのコツなど、有益な情報がたくさん書いてあるので非常におすすめです。

 

nuinet.club

 

その2:記事の内容が人の役に立つかを考え、見直す

テーマにもよりますが、自分自身の体験談をもとに展開する記事は、自分よがりになりがちです

 

 

特に成功体験は、ある環境のもと、偶然うまくいった可能性が高く、必ずしも読者の方に役に立つとは限りません。

 

 

それを気づかせてくれたのはクロネさんという方のツイットです。 

 

 

自分の体験談をつらつらと1~10まで書いてしまうと「結局この記事は何を言いたいの?」といった状態になり、「読者にとって価値のない記事」になってしまいます。

 

 

たくさんの方に読んでもらう・役に立ててもらうためには、記事の内容が、再現性のある内容であることを意識する必要があります。つまり、続者の方が試した時に、同じような結果を得ることができる内容であることです。

 

 

これが守られているかについては、記事を書き終えてから見直し、書きなおす必要があります。

 

 

 その3:たくさん書く。ただし、「しっかり考えて」

根性論で申し訳ないのですが、書き方が、他に見つかりませんでした(苦笑)。

 

 

巷でよく見かける記事では「初心者はとりあえず記事を書け」と言っていますが、それについては、2つの視点から100%正しいとは言えないと思っています。

 

 

1つ目は「その2」ですでに書きました、「人の役に立つ記事かどうか」という点です(主に内容の視点)。

 

 

2つ目は「内容の視点」ではなく、「見た目からの視点」、画像や装飾のことです。「まずは100記事」を鵜呑みにしてとりあえず書いた記事は、検索で引っかかったとしても、まず読んでもらえません。読みにくいからです。

 

 

それに気づかせてくれたのは、なかじさんという方のツイット。

 

 

 

これら二つの視点から考えると、記事数が必要と書いている理由は「(デザインや読みやすさも含んだ)文章を書く」特訓のためですね。

 

 

 

だから「ブログ初心者は記事数。まず記事を書け」というのは確かに正しいのですが、そのあとに「ただし、これが本当に人の役に立っているか、見やすいか、を全力で考えたうえで書くこと。そうでなければ分析もできない」という言葉が省略されているのではないか、と考えています。

 

 

その裏付けは、少なくとも月10万以上は稼いでいる、バナナアッシュさんという方のツイットです。 

 

  

でも、まずは記事数がなければ検索にヒットしないのでは?に対する回答

もちろん、検索流入を狙ったサイト戦略については、有無を言わさず記事数が絡んでくるでしょう。

 

 

でも、見やすい記事でなければ内容を見ませんよね?似たような内容のサイトで読みやすいサイトがあればそっちを見ませんか?

 

 

それに、記事を読んでもらうためには、検索から流入させるだけでなくTwitter,Facebook等のSNSを使って拡散させるという手段もあります。

 

 

記事のコンテンツが優れていればそこから世間が勝手に拡散したりするはずです

 

 

その例は、相田ケイさんという方の記事です。

 

記事の主旨としては「数万PVをたたき出すために記事を書くときに意識したこと」が書かれています。その当時のケイさんのサイト内の記事数が、20数記事なんですよね。

 

 

必ずしも「記事数=PV数」には直結しないということがよくわかります。

 

www.kk3marketer.com

 

 

まとめ

というわけで、人の役に立つ記事を書くための鉄則はこの3つであると考えます。

 

・誰に向けて書いているかを意識する

・記事の内容が人の役に立っているかを考え、見直す

・たくさん書く。ただし、しっかり考えて。

 

 

書いていて気が付いたのですが

これって単純にP→D→C→Aを回しているだけなんじゃないか?

【 Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のこと 】

 

 

。。。。まぁそんなもんなのかもしれないですね。

┏〇 ))ペコリ