日々是好日

日々是好日

二足目のわらじをはくために。社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

日々是好日

社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

記事数を稼ぐのに1番楽なのはノウハウ本の書評ですよ、という話

 

f:id:nisokunowarazi:20170909165420j:plain

ブログの記事数がまだ少ない状態にもかかわらず、ネタが頭打ちになってしまい「書くことがない!」といった経験はないでしょうか。自分のブログの内容を濃くしたい、と考えると、どうしても書くネタを厳選しがちになったり、筆が止まってしまったりしますよね?

 

 

こうなってしまうと、せっかく書き続けるという習慣が身につきそうなのに、また記事を書く期間が開いてしまいます。何を隠そう、ワタシが現在その状況なのです(苦笑)

 

 

そこで、なんとか自分のブログの内容を深くしつつ、記事数を上げたい、と考えたときに、おススメしたい方法があります。それは、ノウハウ本の書評です。本記事ではその内容について展開したいと思います。

 

 ノウハウ本の書評がブログ記事ネタに向いている理由について

 

f:id:nisokunowarazi:20170909170519j:plain

あなたにお聞きします。一つのノウハウ本、例えば「アフィリエイトについて」とか、「〇〇の本質」でレビューをしたとします。あなたは読んだ本のどれだけのことを書くことができたでしょうか

 

 

これはワタシの推測ですが、おそらく「書けても一章分」程度ではないでしょうか。これらの本の内容は、著者の膨大な時間を凝縮した一冊なわけです。すべての内容について書評しきれずに、自分の気になった部位のみをレビューすることと思います(1記事目)。

 

 

その書評後は当然、試しますよね?その、試した結果について、レビューすることができます(2記事目)(僕なんかは、書くだけで満足する場合がほとんどですが)

 

 

 

さらに、ある程度試すと、「本当にこれでいいのか?」とか、「これってどういうことだっけ?」と見直す時がやってきます。その時に、自分の理解が深まるので、記事が増える、または更新されます(3記事目、もしくは記事の内容が掘り下がる)

 

 

そして、読み直していくうちに、ほかの章も読み、また試していくと、どんどんネタがたまっていきます。こうなれば、「書くネタがない」という悩みがなくなります。

 

 

以上を簡単にまとめるとこんな感じです。

 

 

1:ノウハウ本の書評を書く

2:トライする

3:掘り下げる

4:他の章について書く

5:1~4を繰り返す

 

 

こうなってくると、あとはひたすら書くだけですよね?(笑)とはいっても、試すのに時間はかかりますけれども。これは、ノウハウ本に限らず、最近流行のブログの書き方だとか、あらゆることに転用可能かと思いますので、ぜひやってみてください。

 

 

おまけ

f:id:nisokunowarazi:20170909172113j:plain

この記事は、ワタシが「かけねー(泣)」といった状況に陥っているときに、絞り出したことです。

 

 

今回のこの記事は以下の流れで思いつきました。

  • 書くことがない
  • 「0秒思考(※)」でネタを洗い出そう(0秒思考についてはこちら
  • 今週の学びをアウトプットしてみよう
  • To Doリストのリンクを貼らなければ(To Do リストについてはこちら
  • そういえば、記事をまだ過去ブログから移してない
  • 記事の内容がひどすぎなので(苦笑)リライトしなければ
  • 改めて読み直しが必要だ
  • そういえば、「7つの仕事術(※)」のレビューも移していない
  • こちらも内容がひどすぎて(苦笑)リライトしなければならない
  • あれ?書くことたくさんあるじゃないか

 

という感じでした。

 

 

このブログを更新するときだけでなく、仕事で大きな悩みを抱えたときは「7つの仕事術」を読み返しています。そして、「0秒思考」は続けているけれども「やり方はあっているのか?」とか考えて、現在読み直し中だったりしています。思い返すだけでも5記事位は書けそうです。

 

 

自分の琴線に触れた本は、何度も読み直すことで理解が深まります。一度読んだだけ、一度アウトプットしただけでは、理解できるものでない、ということを改めて実感している日々です。実生活にも役に立つことと思いますので、繰り返し、お勧めしますよ!

 

(※)関連図書 

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術