日々是好日

日々是好日

二足目のわらじをはくために。社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

日々是好日

社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

【ペアーズ】30年彼女ができなかった男が結婚にたどり着けたアプリ

f:id:nisokunowarazi:20180310175138j:plain

このサイトは主に副業をする人をターゲットにしているのですが、今回の記事は一社会人の前に、一人の人として、誰もが抱える問題、「恋愛・結婚」についての記事です。

 

何を隠そう、僕は30歳まで素人〇貞でしたし、付き合った人は一人でした。色んな情報商材に手を出しましたし、失敗も多く重ねてきました。そんな僕でも、ペアーズ(pairs) を利用して、2年間交際が続き、結婚することができたのです。(出会って、うまく付き合ったら即解約すれば、費用は3000円程度です。)

 

 

ここでは、様々なマッチングアプリや出会いの場が紹介されている中で、僕がペアーズ のアプリを使用するまでに至った経緯と、出会いの欲しい人が利用すべき理由を紹介します。

 

なぜ婚活アプリに手を出したか

f:id:nisokunowarazi:20180310175309j:plain

それは、非モテだったからですね(泣)出会いの場を作るには、婚活アプリしか手がありませんでした。転職をして、ようやくプライベートに時間ができたけれども、今度は出会いの場所がなくなりました(地方に引っ越したため)。まずは、出会いがなければ振られることもできません(笑)

 

 

とある、情報商材も言っています。
「まずは出会いの数を増やして経験値を積め(※)」

(※)もちろん、出会う前の下準備は別途必要になります。それはまた別の記事で紹介します。

 

もちろん、ペアーズ でも会うまでにメッセージのやりとりが必須なので、いきなり出会うことはできませんが、街中でナンパしたり、見ず知らずの趣味サークルに出撃するよりもはるかに楽でした(出会い系に慣れていたこともある

 

ペアーズを選んだ二つの理由

f:id:nisokunowarazi:20180310175335j:plain

「相手の顔が見れること」と「相手が結婚を望んでいること」ですね。やっぱり重要じゃないですか、「顔」(笑)。ネットの評判を見ていると「詐欺レベルの写真を貼り付けていやがった」みたいな話も見ましたが、僕があった人はそんなにひどい人はいませんでした。

 

 

「結婚を望んでいる」その上「アプリまで使っている」この状況。なんか引っかかりませんか?そうです。女の人もやや焦り気味なんですね。そこに付け入る隙があります。仮にこちらが今は結婚までは考えられないとしても、とりあえず付き合ってしまえばそれでOKです。

 

 

相手が重たければまた別の人を探せばいいだけですし。要するに、男性側からすればアプリを使っている時点で、少しアドバンテージがある状態なんですよ。そう考えてみれば、少し余裕ができますよね?

 

 

婚活アプリなんて言ってしまえば「出会い系」です。それに抵抗がなければ確実に使うべきですね。色んなサークルに顔を出すよりも早いですよ。なぜならお互いパートナーを見つけることが目的だからです。

 

 

サークルとかの場合は、サークルの活動が目的にもなっているので、パートナーを得たい、という女性がいる可能性も低ければ、自分好みの女性がいる可能性も低い。非効率なんですよ。

ペアーズの面倒なところ(SNS登録と課金)

SNSFacebook)への登録と課金制度ですね。SNSに慣れていない人には向かないかもしれません。SNSにて見ばれはしないか?と懸念されるかもしれませんが、SNS中毒の僕ですら見ばれはしていないので、まずは大丈夫でしょう。

 

 

 一方、課金制度についてですが女性は無料で、男性は有料なんですよね。3か月分、まとめて登録をすれば月額1980円、1か月だと3480円です。(他にも1年、6ヶ月のプランがあります。)

 

 

僕の場合は、初回は慣れも必要かと思い、3か月で申し込み。その後、会えるるようになったら一ヶ月で短期集中で経験値を積む→無料会員にランクダウンを繰り返しました。何度でも復活可能ですので、だらだら続けるより必要に応じてランクダウンしましょう。無駄にお金を費やす必要はありません!(一回風〇で使用する金額に比べたらはるかに安いじゃないですか

ペアーズを使ってみて(結果)

f:id:nisokunowarazi:20180310175221j:plain

僕は4人と出合いました。看護婦、教師、アパレル店員、事務職。メールだけで出会うことなく、傷を負うことなんてざらでしたし(笑)、出会ってから失敗したこともありましたし、付き合って失敗したこともありました。

 

 

それでも、縁も所縁もない人とのマッチングですので、後腐れがないんですね。だからどんどん失敗できます。僕は使っている間は、毎日複数人とメッセージをやり取りしていましたし、マッチングしたら週末には出会っていました。

 

 

別記事に書こうと思っていますが、出会いの確率は圧倒的に上がりました。ペアーズ で経験値をつまなければ、社内事故を起こしていたかもしれませんし(苦笑)、彼女なんてできなかったでしょうね。

出会いを求めてペアーズに登録してみては?

f:id:nisokunowarazi:20180310175236j:plain

ここまで読んでくれたあなたは、彼女ができなくて、辛い思いをしていないでしょうか。大丈夫です。30年間非モテの僕ですら結婚までたどり着けたのですから、なんとでもなります。

 

もちろん、失敗はするでしょう。「いじるような」メッセージを送って謎に怒りのメッセージも食らうこともあるでしょう。メンヘラの女性にあたることもあるかもしれませんし、詐欺女に会うかもしれません(笑)

 

 

でも、それも経験です。てっとり早く彼女を作る、というわけにはいかないですが失敗しながら進んでいけばいつか彼女はできます(ただし同じ失敗を繰り返さないこと)。何回も繰り返しますが、効率がいいからです。

 

 

世間で一般的(自然な出会い)とされる、友達の紹介、サークルでの出会いの方がよっぽど非効率です。もちろん、そういう出会いがいいのなら止めはしません。でもそういった出会いで彼女ができましたか?

 

www.pairs.lv

  

話は変わりますが、ここで僕の簡単な闇歴史を紹介します。

 

中学の僕:
まぁ、まだ彼女なんて作ったところで金もないしね。
高校に行けば環境が変わるし、きっと彼女もできるでしょう。

 

高校の僕:
まぁ、別に遊びに行く場所もないし、部活も受験も忙しいし。
大学なら出会いも豊富だし、きっと彼女もできるでしょう。(あれ?)

 

大学の僕:
部活や研究が楽しくてそれどころじゃねーし。
脇目も振らずに集中あるのみ!彼女はできればいいや。(ざわざわ。。)

 

社会人の僕:
仕事が忙しくて。。。(以下略)

 

 

見てわかると通り、環境のせいにして何も手を出さずに30年間過ごしました(絶句)。後悔こそしていませんが(少し嘘付きました)、もっといろいろ挑戦していたら面白かっただろうなぁと今なら思います。

 

 

社会人になれば、職種によっては圧倒的に出会いが減ります。もし、大学までに彼女ができなかった場合、よほど意識しないと彼女、まして結婚にたどり着くまでに、いばらの道が待っていると考えてよいでしょう。

 

 

社内恋愛という手もありますが、非モテの場合、まず発展しにくいでしょう。そして、仮にうまくいったとしても、社内恋愛を進めるにはかなりのストレスが発生しますのでおすすめはしません。周りの人間関係が面倒くさいですし、うまくいかなかったときのリスクが高いからですね。

 

 

一番最初にも書きましたが、ペアーズ(pairs) を利用する前、色々な情報商材にも手を出しました。「会話術」、「女を口説く方法」、「女を絶〇に導く方法」「風〇嬢と〇番をやる方法」とか。

 

 

全く無駄にはなりませんでしたが、そういうノウハウ・技術というよりも「女性と接するマインド」についてペアーズでトライしながら学ぶことができ、何とかここまでたどり着けた、という感じでしょうか。

 

 

もし、あなたが、まだくすぶっているのであれば、ペアーズ でトライしてみませんか?

(このシリーズ 続きます)