日々是好日

日々是好日

二足目のわらじをはくために。社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

日々是好日

社会人生活の学びと副業の記録です。最終ゴールは脱サラ。。かなぁ

人生を成功させるための3つの地道なプロセス

 

f:id:nisokunowarazi:20180328233011j:plain

自分の求めている人生、ありたい姿、みなさん持っていると思います。特に副業とかやり始めている人は、どちらかといえば「会社辞めて自分で稼ぎたい」と考える人が多いのではないでしょうか。

 

 

それでもなかなか収益も発生しない、思うように記事を書くことができない、など様々な問題に直面していることでしょう。なんとあ、現状を打破すべく、最近意識高いオーディオをよく聞くのですが、その中で「目標達成するためのテクニック」として、以下のことを述べていました。

 

  • 目標、自分のなりたい姿を「決める」
  • 目標を達成するための計画を立てる
  • 実行する

 

「当たり前じゃない」と思ったそこのあなた。僕も今書いていても同様のことを思っています。しかし、わかっていながら、なぜ行動できないのか、それを分析して改善できたことがあるでしょうか。 

 

  

きっと実行できていないからこの記事にたどり着いたのだと思います。この記事では、絶賛、副業(というかこのブログ)をコンスタントに積み上げられていない筆者が、オーディオから学んだことを展開します。ひょっとしたら、あなたにも役に立つかもしれません。

目標や自分のなりたい姿を「決める」

f:id:nisokunowarazi:20180328232926j:plain

今の時代、幸か不幸か、なんにでもなれてしまいます。やり方さえ間違えなければ。そのやり方とは「目標をできるだけ具体的に、明確に描く」こと(決める)、そして、「その目標に関わらない人・モノ・環境を排除する」こと(捨てる)ことです。まずは決めることができなければ、捨てることもできません。

 

 

決めるということ

お金持ちになりたい、彼女が欲しい、自由な時間が欲しい、様々な目標や自分のなりたい姿があると思います(選択肢が多い状態)。まず、その目標等が明確にならなければ、力が分散してしまい、達成するための時間が長くなってしまいます。

 

 

最近ブロガー界隈で有名な「エッセンシャル思考」でも言っています。(集中の絵)

人生も仕事も、クローゼットと同じだ。必要なものと不要なものを区別できなければ、どうでもいいことで埋めつくされてしまう。捨てるしくみをつくらないかぎり、やることは際限なく積み上がっていくばかりだ。 

引用:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする [ グレッグ・マキューン ] 

漫画版もあります。こちらは読みやすくておススメです。

捨てると言うこと

なろうと思えばなにものにもなれる、やろうとすればなんでもできるというのは、選択肢が多くて一見いいことのように思えますが、一つのことを達成しようとする場合、邪魔でしかないのです。

 

 

それは、既に書いたように、力が削がれるからですね。それだけでなく、私達人間は、ただでさえ、選択肢を捨てにくい性質を持っています。

 

 

意識高いオーディオは例を出して説明してくれました。

とある、優秀な学生を集めて、ゲームを3個用意しました。「一通り体験した段階で、ゲームを100回やって、できるだけ高い点数を出してください」という内容です。要は自分が得意とするゲームをやり続ければ高得点を出せる可能性が高い、というわけです。当たり前ですよね?

ここからが面白いのですが、このゲームに「連続10回やらなかった場合、そのゲームは二度とできなくなります」という条件を加えたらどのような結果になったと思いますか?最初の条件でやったグループに対し、条件を加えたグループの点数の方が圧倒的に低かったのです。

 

これが何を意味するのかというと「自分が得意なことを続けることができれば、効率よく効果を得ることができる」ということだけでなく、「私たち人間は、選択肢を捨てにくい習性がある」ということです。

引用:田中貴紀砂さんのオーディオ

 

このように、選択肢が多い場合、選択肢を捨てにくい傾向にあるため、集中力が削がれます。

 

 

例えば、あるノウハウを使用してうまくいかなかったからと言って、別のノウハウにまた頼ろうとする、なんてのは同様のことではないでしょうか。ノウハウそのものが悪いわけでなく、自分の使い方が悪いという可能性はないでしょうか。 

 

 

もちろん、再現性のないノウハウもありますが、今のwebの世界では良いものも悪いものも混ざり合った状態です(選択肢が多い状態)。

 

 

成果を出している信頼のできる人のノウハウのみを信用する、というのも一つの集中の仕方ではないでしょうか。


目標を達成するための計画を立てる 

f:id:nisokunowarazi:20180328232952j:plain

「そんなこと知っとるわ!」と思ったあなた。休日にブログ更新をしようとして、twitterにはまったり、漫画を読んだり、怪しいサイトを見続けてしまったなどという経験はありませんか?(僕はめちゃくちゃあります)

 

 

その原因は、人間は本質的に楽な方向へ流れる習性があるからです。ブログを書くのが好きだ、といえども、近くに漫画やテレビ、twitterのような「こちらが受け身になってしまうもの」は、誘惑のレベルで言えばかなり強いものであるでしょう。

 

 

魅力的な誘惑(テレビ、携帯、漫画)が多い場所は「意識的に頑張る」という努力論で解決しにくいです。というのも、それらは、ブログを書くような、自分でアウトプットする必要のあるものよりも「圧倒的に楽だから」です。

 

 

なので、「誘惑のない環境を作る」もしくは「誘惑のない環境に行く」と仕事がはかどるといわれるのです。

 

 

一日単位でも計画を作るのと作らないのとでは、進行方向へのブレがかなり軽減します。ためしに前日に計画を作って、翌日に実行してみて下さい。

 

 

ただし、夏休みの宿題のような計画にしてはだめです。かなりゆとりを持ってください。計画の作り方はShinさん(@Speedque01)の書籍、「7つの仕事術」がおススメです。計画というよりもToDoリストの作成でしょうか。 

 

画や目標って大きなことを立てる時によく使われると思いますが、一日単位で立てるとより効果的です。一度トライしてみましょう。
 

実行する

f:id:nisokunowarazi:20180328233211j:plain

後は余計なことをせずに、やるべきことを淡々と実行します。行動量を増やすことですね。 

 

 

というわけで、おさらいをします。

  • 目標、自分のなりたい姿を「決める」
  • 目標を達成するための計画を立てる
  • 実行する

 

このオーディオを聞いて、一週間たちますが、やはり仕事の進み方が違います。やりたいこと、なりたい自分を「決める」ことができれば、誘惑が多くとも、意外に突き進むことができます。

 

 

ぜひ一度試してみてくださいね。